GETの使い方|How to use ‘get’ in a passive sentence

In 文法 by コーチYukaLeave a Comment

動画スクリプト

Hey hey Coach Chris here with Eigo2020.jp, where we fix the English mistakes Japanese people make before the Olympics and beyond. 

So, a while ago one of my students said to me, when talking about a boxer, “he got a punch.“ He got a punch? Ban. Punch. Listen I understood based on the context. So that’s why you should always try to speak English. But in the correct sense, it sounds like the boxer had a combination of juices and, it’s called punch. “He had punch.” Right? Or, that he has amazing punching ability, and wow. “He got a punch!” Either way, I don’t think this is what you intended to say about the poor boxer who, “pushhh“. Ok? what you really wanted to say was “he got punched.“ Or “he punched him.” Or,“he was punched.” 

Alright, so if you feel punched out with English, and you feel knocked out, come to eigo2020.jp where we are creating rapid English training programs, so you can beat people to the punch, and quickly master English so you can be satisfied. Now, subscribe here and tap the notification bell and let’s train for the olympics and beyond. And remember, coach Chris is always with you.


  • The boxer was punched.
  • The boxer got punched.

ボクサーはパンチを食らった…

受け身の文のつくり方、通常は「be動詞+過去分詞」ですよね。

be動詞の代わりに動詞getを使うことができるって知っていました?

受動態のget

be動詞の代わりにgetを使って受け身の文をつくると、主語が受ける被害・影響・恩恵を強く意識した表現になります。

通常getは何かを得ることを表したり、「~になる」というように変化を表します。

例えば、

  • I got some bread for breakfast. (私は朝ごはんのためにパンを買った
  • The sky got darker. (空が暗くなった

つまり、be動詞の代わりにgetを使うと、変化の良し悪しにかかわらず主語がそれを受ける・被るというニュアンスが強調されます。

つまり、ちょっと感情的で思いの込もった表現になります。

その証拠に、getを使った受け身は話し言葉でとてもよく使われます。

例えば、

  • He got woken up by some noisy neighbors. (彼はうるさい隣人に起こされた)
  • He got hit by a car. (彼は車にぶつかられた)
  • He got bitten by a mosquito. (彼は蚊に刺された)
  • He got asked so many questions. (彼はたくさん質問された)
  • He got kicked out of school. (彼は退学になった)
  • He got caught speeding. (彼はスピードの出し過ぎで捕まった)
  • He got shot and killed by the assassin. (彼は暗殺者によって射殺された)
  • He got arrested at the airport. (彼は空港で逮捕された)
  • He got awarded a Nobel Peace Price.(彼はノーベル平和賞を受賞した)
  • He gets paid a lot.(彼は給料をたくさんもらっている)
  • He gets praised by teachers all the time.(彼は先生たちにいつも褒められている)
  • He gets quoted by a lot of people. (彼はたくさんの人に引用される)

「〜になる」変化を表す

getはさらに他の使い方があります。getはhave, take, makeに並んで意味が広いことで有名な動詞です。

冒頭でちらっと紹介しましたが、getは「~になる」という変化も表します。意味は「~になる」のbecomeに近いですが、getは状態の変化のみを表すので、次に名詞を持ってくることはできません。状態を表す形容詞と一緒に使います。

例えば、「彼は医者になった」と言う場合、医者は名詞なのでHe became a doctor.とは言えますが、He got a doctor.とは言いません。

逆に、状態の変化を表すときはbecomeよりもgetの方が自然です。

  • She got slimmer. (彼女は痩せた)
  • It got cold. (寒くなった)
  • It got dark.(暗くなった)
  • He got angry. (彼は怒り出した)
  • She got married. (彼女は結婚した)
  • They got really excited. (彼らはとても興奮し始めた)
  • She got nervous. (彼女は緊張した)
  • He got very drunk. (彼はひどく酔っ払った)

さらに、getを進行形で使えば変化しつつある様子を表すことができます。

  • It’s getting dark. (暗くなってきた)
  • My laptop is getting old. (私のノートパソコンは古くなってきた)
  • The room is getting cold. (部屋が寒くなってきた)
  • Things are getting more and more expensive. (物の値段がどんどん上がってきている)

「〜に行く」を表す

もう一つおまけ。

getは「目的地へ到達する」を表すこともできます。この意味で使われるときはgetの後ろには「to+場所」が続きます。

例えば、

  • I get home at 7. (私は7時に家に着きます)*
  • How do I get there?(そこにはどうやって行ったらいいですか?)*
  • We got to the airport 15 minutes before our flight departure. (私たちは飛行機が出発する15分前に空港に着いた)

*home, here, thereは名詞ではなく、場所を表す副詞なのでtoは必要ありません。


「〜を得る」獲得を表す

さて、今まで見てきたgetは、自動詞としての使い方でした。最後に、getの他動詞の他動詞の使い方を紹介します。

自動詞??他動詞???

あまり意識したことはないかもしれませんが、動詞を辞書で引くと載っています。

自動詞は「主語が1人でする動作」を表し、他動詞とは「主語が何か別のものに働きかける動作」を表します。

つまり、他動詞は後ろに動作を受ける物や人を必要とします。動詞自体に「~を」の意味を含んでいるので目的語がないと文として成り立ちません。

例えば、

  • I read books.(私は本を読む)
  • I watch TV. (私はテレビを見る)
  • I cut vegetables. (私は野菜を切る)
  • I clean my car. (私は車を掃除する)

何かを獲得するという意味のgetは他動詞にあたります。

例えば、

~を得る・買う
  • I got a birthday present for my sister. (妹に誕生日プレゼントを買った)
  • He got a diamond ring for her. (彼は彼女にダイアモンドの指輪を買った)
  • Can you get me some milk from the supermarket? (スーパーで牛乳を買ってきてくれない?)
  • I got 100 points on my test. (テストで100点とった)
  • He got the first prize on bingo. (彼はビンゴで一等賞をとった)
~を受け取る・もらう
  • I got a letter from a friend. (私は友人から手紙を受け取った)
  • They got a call from their client. (彼らは顧客から電話を受けた)
  • He gets many emails every day. (彼は毎日たくさんのメールを受け取る)
  • I got a souvenir from my colleague. (私は同僚からおみやげをもらった)

「得る・買う」と「受け取る・もらう」が同じ動詞なんてなんか変な気がしませんか?

反対語のように見えますが、共通点は主語が「得る」ことを表すので、どちらもgetで問題ないんですね。


「〜をわかる」理解を表す

getはまた、カジュアルに「理解する・わかる」という意味でも使われます。この場合、getの後ろには内容を指すitもしくは具体的な単語が続きます。

  • I don’t get it. (わからない)
  • Did you get it? (わかった?)
  • Don’t get me wrong. (私を誤解しないで)

 

So, did you get it???

これでgetの使い方はっきりしましたか?

getには様々な意味がありとてもよく出てくる言葉です。

自動詞、他動詞、受け身で使えるようになりましょう!

Leave a Comment