英語とヤキソバの関係|English and Yakisoba

In 学習方法 by コーチChrisLeave a Comment

[原文へ]

英語ができない本当の訳。

発音が悪いから?話す機会がない?中学高校の英語の授業のせい?和製英語のせい?耳が英語の音を聞き取れないから?

これら全部が合わさると、「金縛り」状態になってしまうのもわかる。

でも、英語が話せない原因は別のところにあるのかもしれない。これは英語だけじゃなくて、人生で降りかかってくる全ての試練についても言えることだと思う。 

自分が目指していることを達成した人が1人でもいたとしたら、それは目標にたどり着くまでの「方法」が存在するということ。誰もが試せる方法が。

例えば、僕の友人でヤキソバをつくるのが下手な子がいるんだけど、それって一体どういう意味なんだろう?

実際にヤキソバを作ってもらったら、フライパンの底を焦がして麺もふにゃふにゃになっていた。

失敗。

だからこの友人はヤキソバを作るのが下手だと言っているんだけど、本当にそうだろうか?

実際は、下手なんかじゃない。作り方をきちんと読んでそれに従うことをしていないだけ。うまくつくれるようになるまでは何度か練習する必要もあるけどそれさえしていない。

下手だという思い込みの裏には、おいしいヤキソバを作るのに必要な手順に従ってないという事実が隠れている。

英語はこのエピソードのヤキソバようなもの。ヤキソバも作れない日本人なんて笑えてしまうけれど、日本のように教育レベルが高い国で英語が話せないのも冗談みたいな話。

日本人が英語を話せない理由は1日中考えても尽きないくらいあるけど、結局話せるようになりたければ、やるべきことは単純。

全力で「正しい手順」を見つけてそれを実行することを自分のライフスタイルにする。

僕たちのサイトでは、英語ができない「ナゾ」について正しく理解し、行動に移すためのコンテンツや学習方法をブログ動画プログラムで紹介しています。

このブログは、僕たちのプログラムを買ってもらうために書いているわけではないんです(間接的にセールストークになっているけど)。伝えたかったことは、英語が話せるようになるためにはヤキソバの作り方のように「正しい手順」というものがあるということ。そして、話せるよになりたければ、近道を探したり仕方がないと言い訳することにエネルギーを使うのではなく、「正しい手順」を実行することに全力を注ぐべきだと皆に伝えたいです。

そうすればいつか、日本に興味のある外国人にヤキソバの正しい作り方を説明している自分に気づくかもしれない。もちろん英語でね。

[原文へ]

Leave a Comment