View Post

疑問文と否定文のとても簡単な作り方

In 文法 by コーチYukaLeave a Comment

前回のレッスン「文のつくり方」では、英語の文は「主役+動作+α」の順で組み立てると説明しました。 疑問文と否定文をつくるときは、その語順を少し変化させてあげる必要があります。 でも、一部が変わるだけなので心配しないでください。 疑問文は一つの単語の位置が変わるだけ、否定文は新しい単語が一つ加わるだけです。

View Post

現在単純形は変わらないことを表す|Present Simple Tense is used for habits and facts

In 文法 by コーチYukaLeave a Comment

現在単純形は、変わらない事実や習慣を表します。通常、現在形とも呼ばれています。 「現在形」という呼び名が紛らわしいのですが、現在形の表す現在は今まさに起きていることではなく、「以前も今もこれからも変わらない」と考えられることです。 例えば…

View Post

2+4で覚える動詞変化|Verb review: 6 variations of English verbs

In 文法 by コーチYukaLeave a Comment

動詞とは動作を表す言葉です。 英語の動詞は現在形と過去形に変化するため、文が「いつ」のことを表しているかは動詞から直接判断できます。 英語を教えていて、動詞の意味は取れているけど「時」を間違えてしまう人が多いことに気づきました。文中に時を表す言葉がなくても、動詞の形から過去の話なのか現在なのか未来なのか判断できるようになりましょう!

View Post

代名詞の自然な使い方|I – my – me – mine

In 文法 by コーチYukaLeave a Comment

ものや人を表すことばを名詞と言いますが、それらを置き換える言葉を代名詞と言います。例えば、日本語ではある人の話をしている場合、その人の名前を繰り返し使ったり、ものの話をしている場合も車であれば「車、車」と名前自体を使い続けることにあまり違和感はありません。しかし、英語では一度聞き手に理解されたら、代名詞に置き換えて会話をつづけるのが自然です。