あなたは未来に向かって考えていますか?…夢やビジネスのために?|Are you thinking futuristically?…For your dream business?

In メンタル by コーチChrisLeave a Comment

日本語は一番下を見てください。

Part of the reason why I named this company Eigo2020 is not only because 2020 is the year the Olympics  and many foreigners will come to Japan, but the year 2020 was supposed to be the truly futuristic time where humans would have remarkable useful tools and gadgets. 

But we don’t have the flying cars, hover boards, and automatic lacing shoes like ‘Back to the future’.  Scratch that. Actually automatic lacing shoes came out for Nike earlier last year for the first time. 

But other than that, and cashless payment systems, what can truly be categorized as futuristic?

The ability to sell your own products!

Mainly digital, but not exclusively. It is exponentially easier to sell a product nowadays than it was 20 plus years ago. But our way of thinking for complex things like businesses have stayed the same.

The possibilities of our own businesses are so available that selling your own products is starting to become common place among the average person around the world (less so in Japan), and soon will be essential to survival. When you sell your own products, what do you become?

Your own boss.  I really think you should consider doing this. Not for the sake of having power and a title, but for your ability to survive and thrive in the future. 

2020 has brought the self payment machines everywhere. Convenient stores, fast food restaurants, and even family restaurants.  What does that mean? 

Less jobs for people working low skilled jobs. What’s next after that? 

The medium skilled jobs will start to disappear. Understand it’s coming. Sorry to say it seems inevitable. 

So what do you do about it? Become one of three types of people who will benefit from the ever-changing future. 

The Owner
The Superstar
The Highly Skilled Worker

What are these?

They are categories of workers  listed in the book “Deep work” by Cal Newport.

He has written many thought provoking books that give you practical methods to be successful.

But I won’t spend the entire blog explaining what all of them are individually, because I believe that we should become all 3.

But it starts at becoming a ‘Highly Skilled Worker’. And there’s good news…you can become one easily. And there is only one type of ‘Highly Skilled Worker’ I think the average person (meaning without a extremely special talent or high intelligence) should be:

A patient expert researcher. Emphasis on patient. 

You must religiously do research on whatever you had a dream of selling to the people of this world. Because a way is out there, you have to patiently research and find the most affordable and sustainable way to provide the service. The way is out there. You may feel there are many drawbacks, but if you have a decent job in Japan, you can slightly budget your finances and time in order to support your investment in becoming an owner or superstar. This can be done while you have a job, but keep your dreams secret as to not cause any trouble. And once you are successful you can work for yourself. 

Still think it’s impossible? 

Don’t be fooled by your old style of thinking, you’ve just been too busy to actually do the right research to create your business. You are cleaver enough, you just need to replace some of your SNS and Video watching time, with your dream making. 

I say this with confidence, because I waited for about 4 years to start building an application, and it seems like I could have finished it 4 years ago if I would have done the proper research. 

The famous creator of cup noodles, Momofuku Ando believed that you had to think from different angles to successfully make and sell an invention. That’s where the idea of noodles in a cup came from. He created instant ramen, but when he was in America he also created the cup noodle. 

I’m not asking you to become Momofuku Ando. He had many more obstacles to make his genius inventions: Materials, machines, culture, complexity, and money. 

The vast majority of these services you need to create your invention or service are out there, and at a reasonable price. 

All you have to do is pay for the time and the research.

Coach Chris


当社を英語2020と名づけた理由は、2020年がオリンピックの年で多くの外国人が日本に来るだけではなく、2020年が人間にとってすごく有用なツールや機器を持つようになる、まさに未来的な時代であるはずだからです。

その時代がついにやって来ました。

空飛ぶ車やホーバーボード、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいに自動で紐が結ばれる靴とかありませんけど。あ、今の忘れて。実は、去年初めてナイキから自動で紐が結ばれる靴が発売されました。

でも、それやキャッシュレス決済方法のほかに、まさに未来的と分類できるものは何でしょうか?

それは自分の商品を売る能力です!

主にネット上ですが、必ずしもそのようなことではありません。20年以上前より今のほうが商品は非常に売りやすいですが、ビジネスや複雑なことへの考え方は変わりません。

世界中の人が自分の商品を売ることは当たり前のことになってきており(日本ではそれほど普及していませんけど)じきに必要不可欠になり、自分のビジネスを持つ可能性はほぼ無限になると言えます。さて、あなたは自身の商品を売るとき何になりますか?

自分が自分のボス。本当にそういうことを検討してほしいです。威力や肩書きを持つためではなく、生き残り、将来活躍するためにです。

2020年は、自販機がどこにもある状態になっています。コンビニやファストフード店、ファミレスでも。それはどういう意味でしょうか?

低技能労働者やの雇用が減少していくということです。そのあとはどうなるでしょうか?

中技能労働者の雇用が消えていくでしょう。その時代が来るから知っておいてください。残念ながら、やむを得ないらしいです。

では、どうすればいいでしょうか?刻々と変化する未来から利益を得る3つの人のタイプのうち1つになりましょう。

オーナー
スーパースター
高技能労働者

これらは何ですか?

カル・ニューポート(Cal Newport)著の『Deep Work』という本に挙げられている労働者の分類です。
彼は成功を収める実用的な方法を挙げる、示唆に富んだ本を何冊も書いてきました。

皆は3番になるべきだと思うので、このブログでそれぞれについて個別に説明しませんけど。

といっても、最初のステップとしてまず「高技能労働者」になることで、幸いなことにこれになるのは簡単で、「高技能労働者」には1つのタイプしかありません。一般人(すなわち、極めて特別な特技とか高い知能を持っていない方)は辛抱強い専門研究者になるべきだと思います。

キーポイントは「辛抱強い」といこと。

この世の人に売っていきたい夢や何かについてしっかりと研究しなければいけません。方法はそこにあるので、辛抱強く研究して、サービスを提供するための最も手頃で持続可能な方法を探さなければいけません。方法はそこにあります。多くの欠点を感じることもありますが、日本でそこそこ稼げる仕事があればちょっと資金と時間を割り当てオーナーとかスーパースターになるための努力を重ねられるでしょう。これは仕事をやっているうちにできますが、迷惑を起こさないように夢を秘密にしてください。そして、成功を収めたら自営業を営めます。

まだ無理だと思われますか?

古い考え方に騙されないでください。ただ、あなたは自分のビジネスを作るための正しい研究を実際にできないほど忙しすぎます。あなたは十分に賢いですが、SNSや動画視聴にかける時間を少し減らしてもっと夢を作る必要があります。

アプリを作り始めるまで4年間待っていて、もしかしてちゃんと研究したら4年前にできた感じがしますから、そういうことを自信を持って言います。

カップヌードルの有名な発明者の安藤百福さんは、何かを発明して売るには様々な角度から考えるべきだと信じていました。そこからカップに入ったヌードルというアイデアが生まれました。彼はインスタントラーメンを作りましたが、アメリカにいた時にカップヌードルも作りました。

安藤百福さんになってくださいとは言っていません。彼は、天才な発明を作るのに材料や機械、文化、複雑性、お金とか障害がまだ多かったのです。

あなたの発明やサービスを作るために必要なサービスの大部分を手頃な価格で手に入れられます。

時間と研究のためにお金を支払うだけです。

コーチクリス

Leave a Comment