英語を流暢に話すための3つの方法|3 ways to become fluent in English

In 学習方法 by コーチChrisLeave a Comment

[原文へ]

そもそも「流暢」ってなんだ?

辞書を引くと、「なめらかでよどみなく容易である様子」と定義されている。

よし、これで意味はわかった。次は、普段何をなめらかによどみなくやっているかを考えてみよう。

僕は、歩くこと、食べること、寝ることが思い当たった。

あとは、

歯を磨くこと、髪を洗うこと、シャワーすることとか。

じゃあ、これらの共通点はなんだろう。

すべて、生きていくためにやらなくてはいけないこと。

生きていくためにやらなければいけないことは、普通に生活してる人の100%が「流暢に」行うことができる。完璧ではないとしても。

これで、流暢になるためには何が必要なのかははっきりよね。でも、問題はどうしたらよいのか?

ほしいスキルを生きていくための必須能力として捉えるように自分を訓練する。こんな風に頭を訓練するには66日程度かかるけど、そのあとは自動的に成長を維持することができる。

一般的な3つの方法は以下の通り:

  1. 生きていくために英語を使わなければいけない環境に一定の期間身を置く。例えば、交換留学、海外勤務、英語圏の国へ長期旅行など。
  2. 日々の生活で必要な情報の入手(読む、観る、聴く)を日本語から英語に変える。例えば、新聞、ポッドキャスト、仕事に役立つ本、サイト、動画など。
  3. 仕事の都合で英語でサバイバルする環境に身を置くことができなければ、娯楽や気晴らしを英語でするように変える。

流暢になるための方法は考えれば必ず見つかる。解決策を見つけるということに関しては、僕たちの脳みそはすごいからね。

EIGO2020では、流暢さをマスターするためのいろいろな方法を紹介しているので、またサイトをのぞいてみてね。

[原文へ]

Leave a Comment